MENU MENU

  • 日本語
  • English
  • 简体中文

製作事例 - 燃料電池周辺機器 評価試験用
(蓄電池模擬用 回生型双方向電源)

燃料電池車等蓄電池とともに使用される双方向インバータやモータの評価試験に用いられる電池動作のシミュレータ装置です。

インバータやモータの評価試験の実施にあたり、燃料電池などの実際のものを使用するのと同等の特性を模擬電源装置として動作するように設計開発されています。

概要

特長

  1. 省エネ運転
    モータ負荷は加速、減速が連続的に発生します。減速時にはモータが発電機となるため、その電力を交流電源側へ戻して加速時の電力消費を相殺する省エネ機能。
  2. 高速応答
    燃料電池を模擬試験する本装置は、負荷電流が急変しても電圧がほとんど変化しないことを実現しました。
  3. 多機能でいろいろな評価試験が可能
    • 燃料電池のほか、各種の電気自動車用電池を模擬的に実現。
    • 電池の模擬だけでなく、電池の負荷であるモータ等も模擬できる電子負荷機能。
    • 電池充電機能と、電子負荷機能とを併せて、実使用状態を模擬した電池の連続試験も可能。

カスタマイズもご相談ください

標準品をお客様独自のご使用条件にカスタマイズすることで、現場作業の効率を向上させる方法があります。
電源機器製造で長年培った当社の実績と経験で、お客様のご要望にお応えいたします。

個人情報保護とCookieの使用について

当社サイトでは、利便性向上のためクッキーを使用します。閲覧を続行されるには、クッキーの使用にご同意いただきますようお願いいたします。クッキーによって個人情報を取得することはありません。

詳しくはこちら

お問い合わせ
お問い合わせ