MENU MENU

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

地球とともに With Earth

考え方

  • SDGsマーク7
  • SDGsマーク12
  • SDGsマーク13

国際社会が気候変動対策を加速させるなか、三社電機グループでは、地球環境の保全は「次世代への責務」と考え、事業活動による環境負荷の低減は最重要課題のひとつであると認識しています。
岡山工場(パワー半導体)は2002年に、滋賀工場(電源機器)は2001年に、それぞれISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しました。環境保全および環境改善に関する環境パフォーマンスを向上させるため、環境マネジメントシステムを維持し、継続的に改善活動を続けていきます。

環境方針

基本理念

当社は、地球環境の保全が企業の社会的責任であることを認識し、環境負荷の低減と生物多様性への配慮を行い、「持続可能な社会」の実現に貢献すべく、事業活動を行う。

基本方針

  1. 環境関連法規制等の順守
    環境関連法規制およびそれに準ずる要求事項を順守する。
  2. 地球温暖化防止
    省エネルギー活動に努めると共に、温暖化物質の排出抑制を図る。
  3. 循環型社会への貢献
    持続可能な循環型社会の実現ため、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進する。
  4. 有害物質の削減
    環境に悪影響を及ぼす物質の排出抑制、および汚染を未然に防止する。
  5. 製品における環境負荷低減
    常に環境配慮型の製品設計に努め、製品のライフサイクルを通して環境負荷を少なくする製品を提供する。
  6. 生物多様性保全への配慮
    全社員が生物多様性を保全することの重要性を認識し、配慮する。
  7. 環境マネジメントシステムの継続的改善
    当社の事業活動、製品が環境に与える負荷を認識し、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。

2010年5月 制定
2016年3月 改訂
株式会社三社電機製作所

取り組み

RoHS指令(ローズ指令)の対応

三社電機グループのパワー半導体製品はRoHS指令に対応をしており、安心してご利用いただけます。
その他の環境対応についても、使用部材や溶剤等の代替化を図り、環境負荷の低い物質の選定と適切な管理をしています。

RoHS指令とは
RoHS指令とは、電気・電子機器などの特定有害物資の使用制限に関するEUの法律。Restriction of Hazardous Substancesの略称で、日本語で有害物質使用制限指令とも呼ばれています。2019年7月22日から使用制限がはじまりました。

電力・エネルギーの削減

三社電機製作所は、生産活動における省エネを推進し、エネルギー使用量の削減を図っています。

CO2排出量推移

CO2排出量推移

滋賀工場の取り組み

滋賀工場では、2014年4月より地球環境保全の一環として屋上に太陽光発電設備(太陽光パネル630枚)を設置しています。

滋賀工場(滋賀)の太陽光発電量推移

滋賀工場(滋賀)の太陽光発電量推移

岡山工場の取り組み

岡山工場では、平成29年度の環境省のASSET事業(先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業)の対象事業者に選ばれ、以下の取り組みを開始しました。

  1. クリーンルーム用外気処理空調機・熱源機(チラー)を高効率機器へ入れ替え
  2. 非常照明以外すべての照明をLED化

これらの入れ替えを行ったことで、重油使用量および電力使用量の削減につながりました。

高効率空冷式チラー
高効率空冷式チラー