MENU MENU

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

トップメッセージ Top Message

株主の皆様におかれましては、
平素よりご高配を賜り、
心より厚く御礼を申し上げます。

当第2四半期(2020年4月~2020年9月)は、新型コロナウイルス感染症の拡大による社会・経済活動への打撃が大きく極めて厳しい状態となりましたが、当社グループは、業務の継続が可能な部門は在宅勤務を導入し、営業部門ではリモートでの商談を進めるなどの感染症対策を行いながら事業活動を継続してまいりました。

このような状況のなか、半導体事業においては、新型コロナウイルス感染症の影響から回復の早かった中国では、エレベーター用途の「モジュール」や温水便座などに用いられる「トライアック」が堅調に推移したものの、日本国内、米国、欧州、東南アジアでは大幅に前年同期を割り込みました。一方で、小型かつ長期信頼性に優れた「DIP型三相整流ダイオードブリッジ」のラインナップを拡充し、量産を開始しました。
電源機器事業は、取引先の設備投資について投資時期延期や見合わせが多くみられ、大幅な減収となりました。一方で、各種金属めっきに対応した「モジュール式表面処理用直流電源」に新たに水冷モデルを開発し、発売を開始しました。

当社は、株主の皆様への利益還元を、最も重要な経営課題のひとつとして認識し、安定的な配当を継続することを基本的方針としておりますが、当期の業績の動向および財政状態を総合的に勘案し、中間配当は、1株につき5円とすることと決定いたしました。

株主の皆様におかれましては、引き続き変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社三社電機製作所
代表取締役会長 四方 邦夫
代表取締役社長 吉村 元

お問い合わせ
お問い合わせ