技術紹介

HOME » 技術紹介 » 電源機器 » 携帯機器用リチウム電池充放電装置

電源機器

携帯機器用リチウム電池充放電装置

大容量のリチウム電池を生産する最終の出荷検査行程で使用され、運転パターンに従って自動で充電/放電動作、容量計算を行い、容量の判定をする装置です。

大容量のリチウム電池の必要性
新しい携帯電話やデジタルカメラ等のモバイル機器が次々と開発、販売されています。新しい携帯電話ほど電池の容量(mAh表示の部分の数字)が大きくなっています。それは、最近の携帯電話は写真を取ったり、ゲームで遊んだり、様々な機能を付属しているので、昔のような通話だけする携帯電話の電池では容量が足りなくなったからです。

【装置の構成】

【特長】
1.一台の装置で960個の電池を検査
64回路出力のユニットを15ユニット組み込んだ充放電装置を1台のパソコンで制御でき、960個の電池を検査することができます。128回路出力のユニットでさらに拡張可能です。
2.高精度を実現
当社独自の高精度計測回路で64回路(もしくは128回路)を高精度に瞬時計測でき、定電流精度が 2mA±0.1%、定電圧精度が2mV±0.05%を実現できます。
3.正確な容量計算を実現
電池の周辺温度を計測し、容量値を補正できることから、より正確な容量計算が実現できます。
4.ユニットの小型化
市販の19インチラックに収納できるように、充放電ユニット部の小型化を図りました。
5.正確な容量計算を実現他社に先駆けて省エネ機能を装備
放電時に電池のエネルギーは、工場内の電源に戻される(回生)ため、省エネが図れます。

PageTop

電源機器

  • 分野別一覧
  • 品目別一覧
Help
Clear
種類
接続
シリーズ
電圧
電流
パッケージ

リセット