技術紹介

HOME » 技術紹介 » 電源機器 » 燃料電池評価試験用電子負荷装置

電源機器

燃料電池評価試験用電子負荷装置

家庭用燃料電池を評価試験に適した電子負荷装置です。
電子的な制御で自由自在に負荷条件を変化・設定する装置
この電子負荷装置は負荷として抵抗を使用しますが、半導体素子を使用して、電子的な制御で自由自在に負荷条件を変化・設定する装置です。この電子負荷装置を使って、燃料電池に実際の負荷状態を模擬的に作って評価試験を行います。現在、家庭用の燃料電池は現時点では未だ需要が大きいわけではありませんが、将来のクリーンエネルギー化、電力の分散化、省エネルギー化の市場要望により需要が格段に増えることが予想されます。本製品は家庭用燃料電池システムを量産する際の必需品として製品化致しました。

【評価試験の流れ】

【特長】
1. 評価目的に応じて、多様な動作方式が選べる。
電流、電圧、電力、抵抗 の値を自由に設定して動作ができます。
2. 高精度(0.1%以下)、高速応答(10-4秒以下)
実際の負荷状態を精度良く高速で模擬できるので評価試験データの信頼性が高くなります。
3. 標準的な外形寸法を採用し、収納性が良い。
小型で標準19インチラック収納型のため、多数のユニットをコンパクトに収納できます。
4. 負荷電力を系統に回生し、省エネルギー化する回生ユニットもラインアップしています。

PageTop

電源機器

  • 分野別一覧
  • 品目別一覧
Help
Clear
種類
接続
シリーズ
電圧
電流
パッケージ

リセット