技術紹介

HOME » 技術紹介 » 電源機器 » 廃棄物処理プラント用電源

電源機器

廃棄物処理プラント用電源

従来、大容量直流電源にはサイリスタ整流方式の採用が普通でした。IGBTの性能向上、当社の大容量高速スイッチング電源技術はプラズマアーク発生用直流電源にも利用され、サイリスタ方式に置き換わりました。
重金属などを含め、廃棄物を無害化・安定化!
ゴミを焼却した後の焼却灰を更に高温のプラズマアークを利用して灰を溶融し、そこでできるスラグを水砕してリサイクル材とする方法が注目されています。ここでできるスラグには重金属などを含め、廃棄物を無害化・安定化でき、廃棄物の処理後の容積を少なくできます。
このような特性を利用して、路盤材や、アスファルト混合剤他として広く使われています。
この方式の廃棄物処理プラントではプラズマアークを安定に発生させるための大容量直流電源が処理効率を左右しています。

【仕様】

【特長】
1.安定化
サイリスタ方式に比べ、飛躍的な高速制御を可能にし、プラズマアークを安定化。
2.小型化
高周波スイッチング方式で電源装置を小型化。
3.操作・メンテナンスを単純化
コンピューターによるフルデジタル制御が高精度制御とともに操作・メンテナンスを単純化。

PageTop

電源機器

  • 分野別一覧
  • 品目別一覧
Help
Clear
種類
接続
シリーズ
電圧
電流
パッケージ

リセット