History

創業からの歴史

当社は1933年に映写機用アーク電源を開発以来長きにわたり、パワー半導体と電源機器専用メーカーとして産業界のパイオニア的役割を担ってきました。

沿 革 Corporate history

パワー半導体と電源機器で その未来を創造すること。
それが私たち三社電機の使命です。

設立・基盤確立

映写機用に加え、めっき用、充電用、溶接機用などを開発事業を徐々に拡大

事業基盤拡大

海外進出と国内の生産拠点を拡大

変革期

新しいエネルギー社会に貢献する製品の開発

1933年 〜

1933年
四方幸夫個人経営の三社電機製作所を創業
1937年
開発映写用タンガー整流器を開発
1948年
株式会社に改組
F型映写用セレン整流器を開発
1951年
高周波繊維乾燥計量装置を開発
1953年
映写用セレン整流器<スーパーサンレックス>を開発
1956年
映画技術に貢献した功績により日本映画技術会賞を受賞
アークエアーガウジング兼用直流アーク溶接機を開発
1961年
電動機用シリコン整流器を開発
1963年
松下電器産業(株)の資本参加を受ける
1964年
インバータ無停電電源装置、電気炉電力調整器を開発
1968年
全拡散型トライアック及びサイリスタを開発

1970年 〜

1970年
めっき用整流器<ミニレックス>を開発
大阪万博各パビリオンにて当社製品が使用される
1971年
わが国初の開発となった絶縁型トライアックを開発
1979年
絶縁モールドトライアック(TGシリーズ)を開発
記憶装置付(マイコン制御)超高装置を開発
1980年
サイリスタモジュール、高速スイッチング用パワートランジスタを開発
スイッチング式めっき用整流器(100A)を開発
1981年
交流電動機制御用インバータ(VVVF)を開発
1982年
パワートランジスタモジュール、スイッチング式溶接機(300A)を開発
滋賀県守山市に滋賀工場を竣工
1983年
米国ニューヨーク州にSANREX CORPORATION、香港にSANREX LIMITEDを設立
1985年
電気亜鉛めっき(EGL)用直流電源装置を開発
岡山県勝田郡奈義町に岡山工場を竣工
1987年
溶接機の開発に対し日本発明振興協会「発明大賞・福田特別賞」を受賞

1990年 〜

1990年
めっき用スイッチング電源<MRT>、中容量UPS低騒音型を開発
1991年
プレーナー型トランジスタモジュールを開発
1992年
IPM(インテリジェントパワーモジュール)を開発
1993年
滋賀・守山工場が「ISO9001」の認証を取得
1994年
中国広東省に佛山市順徳区三社電機有限公司設立
1996年
岡山工場が「ISO9001(旧ISO9002)」の認証を取得
1997年
大阪証券取引所市場第二部へ株式を上場
携帯型インテリジェントアーク溶接機の開発に対して(財)機械振興協会より第32回 機械振興協会賞を受賞
1998年
高効率化太陽光発電用パワーコンディショナを開発
1999年
SANREX ASIA PACIFIC PTE. LTD.をシンガポールに設立
世界一※の小型250A TIG溶接機を開発
※1999年当時

2000年 〜

2000年
有料道路自動料金授受システム(ETC)用UPSを納入
2001年
電源機器製造本部が「ISO14001」の認証を取得
2002年
半導体製造本部が「ISO14001」の認証を取得
2004年
世界対応フルデジタル溶接機を開発
2005年
表面処理用電源DCAUTO Fシリーズを開発
2007年
汎用インバータ用IGBTチップを開発 Fシリーズを開発
2008年
ロボット対応インバータ溶接機を開発 Fシリーズを開発

2010年 〜

2010年
太陽光パワーコンディショナTÜVマーク認証取得
2013年
東京証券取引所第二部上場
2014年
滋賀工場新棟竣工
佛山市順徳区三社電機有限公司 新棟竣工
49.9kW(低圧連系最大容量)太陽光発電システム用パワーコンディショナ開発
産業技術総合研究所向け太陽光発電評価用試験装置開発(1次)
2015年
パナソニック社とSiCパワーモジュールを共同発表
産業技術総合研究所向け太陽光発電評価用試験装置開発(2次)
2016年
株式会社三社ソリューションサービスを設立
株式会社三社電機イースタンを設立
2017年
ヘルシンキ支店(フィンランド)、ソウル支店(韓国)、台北支店(台湾)を開設。
2018年
四方邦夫 代表取締役会長に就任。
吉村 元 代表取締役社長に就任。
中部営業所を開設。
2019年
太陽光発電用1500Vストリング対応ダイオードモジュールを開発
SiCパワーモジュールの販売開始
新卒採用エントリー キャリア採用エントリー