株主・投資家の皆様へ

HOME » 株主・投資家の皆様へ » ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.情報開示の方針

株式会社三社電機製作所(以下「当社」という)は、株主、投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めまるとともに、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めます。また、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、フェア・ディスクロージャー・ルール(金融商品取引法第27条の36)に則り、公正かつ積極的な情報開示に努めます。これらの活動により経営の透明性を高めるとともに、株主・投資家の皆様とのコミュニケーションを図ることで、企業経営の健全性、株主価値の向上を目指してまいります。

2.情報開示の方法

当社は、当社が株式を上場している東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、同規則に該当する情報を適時開示システムであるTDnetにて公開いたします。これらの公開情報は、当社のウェブサイトにおいても速やかに掲載いたします。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましては、フェア・ディスクロージャー・ルールに則り報道機関や当社ウェブサイトを通じて公開いたします。

3.株主・投資家等との対話

当社は、株主との対話全般について情報取扱責任者がその統括を行い、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上に資するため、合理的な範囲で株主との建設的な対話を行います。株主との対話を合理的かつ円滑に行うために、広報部門が中心となり関連部署と連携をとり、対話の充実に努めるとともに、対話を通じて得られた意見等につきましては、経営幹部や取締役会への情報共有を行います。

4.インサイダー取引の未然防止

当社は、未公表の「適時開示情報」が一部の資本市場参加者のみに選別的に開示されることのないよう、重要事実の公表及び内部情報に関する管理基準等についての運用指針を定めるべく、インサイダー取引規制に関する規定を設けております。さらにインサイダー情報管理に関し運用を徹底するべく、役員及び社員の教育にも注力しています。

5.将来予測に関する記述

当社では、当社が株式上場している東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。 また、ニュースリリース、決算説明会やアナリストミーティング等における質疑応答等には、計画、見通し、戦略等に関する情報が含まれる場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでおります。実際の業績は様々な要素により、これら見通しとは異なる結果になりうることをご承知おきください。

6.沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算期日の翌日から当該四半期決算発表日までを沈黙期間と定め、原則として決算に関する質問への回答やコメントを控えております。ただし、この沈黙期間中でも業績予想と実際の業績の間に大きな差異が生じる見込みが出た場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

7.その他

本ウェブサイト上での当社情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみでなく、別途掲載しているサイトポリシーも合わせてご参照ください。

PageTop