技術紹介

HOME » 技術紹介 » 電源機器 » 二次電池充放電評価装置

電源機器

二次電池充放電評価装置

ノートパソコンに使用されるリチウム電池の寿命などを評価できる大容量の充放電装置です。

長期間にわたる連続充放電試験が可能
この装置は30個の電池を充放電できるユニットを4台搭載し(120チャンネル)、長期間にわたる連続充放電試験ができるものになっています。また、高精度の制御の他、評価試験に必要な電池の温度を計測できる機能を内蔵しています。

特長
1.19インチラック1基のコンパクト設計
充放電ユニット、直流電源など全ての装置を標準ラック(19インチラック)に収納。従来に比べて50%以下の容積となりました。
2.出力電圧範囲が広範囲
従来はできなかった低電圧(0V)まで放電することを可能にしました。
3.全チャンネル独立運転が可能。
電池郡を別々にグループ化して、それぞれ異なった条件での制御が可能となりました。
4.データ収集コンピュータの充実
操作をすべてパソコンから行い、電池を評価試験する上で必要なデータを扱いやすくするグラフ描画機能を付加するなどの装備を充実させました。

PageTop

電源機器

  • 分野別一覧
  • 品目別一覧
Help
Clear
種類
接続
シリーズ
電圧
電流
パッケージ

リセット