技術紹介

HOME » 技術紹介 » 電源機器 » 露光器用超高圧水銀灯用電源5kW/8kW

電源機器

露光器用超高圧水銀灯用電源5kW/8kW

新しい製造技術を採用し次世代の露光器などの製造設備組込用電源として機能拡張した5kW/8kWの兼用機を開発しました。
汎用性の高い5kWから8kWのランプ出力の機器も海外への展開を中心にその需要が拡大
高密度・高精細なプリント配線板はどんどん精度の高いエッチングへと要求仕様が高まり、微細なパターンを自由自在に形成することが製造メーカとしての技術力の見せ所となり高付加価値商品を生む源となっています。写真工程を使った配線パターンの焼付露光においても高安定度・高出力の光が必要となり、そういったランプにぴったりとマッチングした大出力の光源用電源の要望が高まっています。精細度を向上させ、かつ生産性を高めるために露光器ではランプ出力を10kW~35kWへと大出力化させる一方で、普及機では汎用性の高い5kW~8kWのランプ出力の機器も海外への展開を中心にその需要が拡大しています。

【使用例】

【特長】
1.組込機器としての外部出力調整機能の強化
最近の生産現場におけるFA化を配慮して外部から出力を自在に制御できるインターフェイスを装備しました。5kW・8kWの出力切替など外部制御端子を充実。
顧客の使い勝手を十分に知り尽くした設計となっています。
2.海外対応入力200/400V対応の実現
生産設備の組込用として使用されるため国内はもとより海外工場での生産も視野に入れワールドワイドな入力仕様を標準に取り入れました。
3.従来機比「75%」の小型・軽量化を実現
従来機種から動作周波数を35%UPすることにより巻線類(リアクトル等)の小型化を図ると共に、コスト低減と生産性の向上にも努めました。またランプのリップル電流も低減して性能向上を実現しました。

PageTop

電源機器

  • 分野別一覧
  • 品目別一覧
Help
Clear
種類
接続
シリーズ
電圧
電流
パッケージ

リセット